消費者金融に申し込む場合に、非常に不安になる事の一つに、他人にバレないか?という点ではないでしょうか。特に家族や会社など、近しい人には絶対にバレたくないと考える人も多いと思います。今回は家族や会社にバレずにプロミスを利用する方法についてお話しします。

基本的にバレにくくなっているプロミスの申請・契約

プロミスは申請から契約までの間の過程で、他人にバレるという事はほとんどないでしょう。消費者金融を利用するという事をあまり知られたくないという消費者の心理は、プロミス側もよく分かっています。そのため、基本的に申請から契約まで他人に知られにくくなっています。では、実際の申請方法はどのような手段があるでしょうか?

無人契約機での契約は確実にバレない

その場で審査~契約までを終えられる最良の方法は無人契約機へ直接行く事です。直接無人契約機へ行けば、そこですべてを完結させる事が出来ます。

インターネットで契約

インターネットの場合は、自分の不注意などで申請画面を見られない限り、他人に知られる事はないでしょう。インターネット契約の一番の利点は、審査から結果通知まで時間的に束縛されない事です。また、結果通知もメールや携帯電話に連絡があるので、他人にバレにくいと言えます。

但し、インターネットで契約する場合は、最終の契約行為のみ無人契約機で行うという申請をして下さい。これをしなかった場合、カードが自宅に郵送されてきて、同居人の方にバレてしまいます。そのため、インターネットから申請する場合は、契約を無人契約機にて行うという手段をとりましょう。

在籍確認だけは基本的に避けられません

基本的にプロミスから郵送されてくるものは全くないと考えて頂いて問題ありません。そのため、家族にバレる事はまずないと考えてもらってもよいでしょう。また、あなた宛ての連絡も連絡先をあなたの携帯電話にしておけば、あなた以外の誰かが連絡を受けることもありません。

但し、延滞や滞納をして、その督促連絡を無視してしまうと、家や会社に電話がかかってきますので注意して下さい。あなたの不注意がなければ、他の人にバレる事はほとんどないと言えます。もし仮にバレる可能性があるとすれば、契約時の会社への在籍確認です。

在籍確認は、あなたの勤め先の会社に担当オペレーターが電話をし、あなたがその会社に本当に所属しているかどうかのみを聞くものです。その電話の内容は、プロミス担当者の個人名であなたの勤め先に連絡をし、あなたのお名前を言うだけです。「プロミスの○○ですが・・・」という名乗り方は一切しませんが、個人名で会社に電話がかかってくる事自体、少し怪しげな電話という事になりますが、プロミスという事は絶対に明かしませんので、その点は安心して下さい。

しかし、基本的に内勤業務の方や、自分宛に電話がある事自体少ない人は、後で電話を受けた社内の人に怪しげな電話だと思われる可能性があります。そんな時のために、言い訳を用意しておきましょう。「会社名を名乗らないセールス電話だった」とか「どこかのアンケートで書いた覚えがある」とか。どちらかと言うと、在籍確認の時よりも、その後の言い訳を用意しておいた方がよいでしょう。

はじめて利用の方は30日間無利息!※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

プロミス