消費者金融に申請をする場合、審査途中で在籍確認が必ず必要となります。これはプロミスで審査を受ける場合も必ず行われます。今回は、この在籍確認に関してお話しします。

あなたが働いている事を証明する手段が在籍確認

いくら源泉徴収書があったとしても、それだけではあなたが今現在、本当に働いているかどうかは証明出来ません。在籍確認とは、プロミスにとって、まずはあなたが本当に今現在も収入を得ている人なのかどうかを確認するための手段です。では、在籍確認は具体的にどの様な事をされるのか?についてご説明します。

在籍確認は所属を確認する事だけです

在籍確認で行われる事は、あなたが本当にその会社に勤めているかどうか、それだけを確認します。あなたの近況や勤務態度など、くどくどと聴くような事は決してありません。お客様や取引先からの電話の様に、「○○ですが、○○さんをお願いします」といった確認の仕方です。もしその電話を社内の誰かが受けた場合に、あなたが不在の場合は、「出張中です」や「本日はお休みを頂いております」といった回答を得るだけで、プロミス側としては在籍確認が取れた事になります。

大きな会社の場合は直通電話や机に近い電話の番号を伝える

在籍確認の場合、とにかくあなたを知っている人が電話を受けてくれないと意味がありません。特に大きな会社に勤めている人は、代表電話に連絡をしても、あなたを知らない会社の人が電話を受けた時に、「そんな人はいません」など、在籍を確認出来ない様な回答をする事も考えられるからです。そんな回答をされてしまっては、在籍確認が取れず審査に落ちてしまいます。在籍確認をしてもらう時は、必ず自分を知っている(知っていそうな)人の近くの電話番号を伝えるようにしましょう。

最近では個人情報保護により、不明な人からの電話ではあなたの在籍自体を教えてくれないという会社もある可能性があります。この様な場合、電話に代わって、あなたがそこに勤務している事を証明する手段が必要です。最近では、社員証など、所属していなければ持っていない証明書が必要な場合もありますので、電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。

一度プロミス側に事情を話し、その様な手段でも問題がないか確認を取ってみるのも手段の一つでしょう。在籍確認とはあくまであなたが本当にその会社に所属しているかどうかの確認であって、必ず電話をするという事ではありません。在籍を証明出来る何かがあればよいのです。

はじめて利用の方は30日間無利息!※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

プロミス