消費者金融を利用する中で、総量規制という言葉を耳にした事があると思います。この総量規制とは一体何でしょうか?消費者金融大手のプロミスも、この総量規制を超える融資は出来ないです。今回はこの総量規制についてお話ししたいと思います。

総量規制とは何か?

プロミスを始めとする消費者金融は、貸金業法に基づいた貸付を行っています。総量規制は、この貸金業法で定められている法律です。簡単にお話しすると、消費者の年収の1/3を超える貸付は出来ないという法律です。これは、2006年に新しく取り入れられた法律で、それまでの法律ではこの様な束縛は無かったのです。消費者金融は消費者に出来るだけ貸付を行い、その金利で好きなだけ儲けていたバブル時代があったのです。

しかし、バブル崩壊後、借金が増え、貸倒しになる消費者、また、それに伴い現金回収が出来なくなった消費者金融の破綻が社会的に深刻になってきたため、消費者も貸付業者も、お互いを守るための法律としてこの総量規制が取り入れられた形となります。

年収の1/3とは何を持って判断するの?

年収の1/3と一口に言っても、これは「手取」の年間合計金額を指すの?それとも「額面(総支給額)」の年間合計金額を指すの?細かい事を言うとこの様な点に疑問を持たれる方も多いと思います。額面(総支給額)と、手取り金額では結構年収合計が変わってきますよね?額面(総支給額)×2/3程度が手取り金額という人も多いのではないでしょうか?

600万円が額面(総支給額)の人は、手取り合計450万円くらいになる様な感じです。600万円の1/3の場合は、200万円になりますし、450万円の1/3の場合は、150万円になります。その差は、50万円近くにも上り、結構な差が生まれてしまいます。実は消費者金融でいう年収とは額面(総支給額)の1/3を指します。手取り金額ではありません。そのため、融資限度額は額面(総支給額)が高い人ほど、その融資上限を上げる事が出来ます。

ですが、会社によっては給料明細に額面額がない人もいると思います。手取り支給金額のみが書かれた給料明細だと、融資限度額はおのずと下がってしまいます。その様な場合は、市役所等で収入証明などを入手し、額面金額が分かる資料で融資申請を申し込む方がよいでしょう。

融資可能金額を極力上げたい人は、この年収という捉え方を間違わないように注意し、申請をするようにしましょう。

はじめて利用の方は30日間無利息!※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

プロミス