今日の日本国内において、派遣社員という職業形態は決して珍しいものではなくなり、プロミスのキャッシング契約も可能となっています。

過去には、派遣労働者は収入が不安定、雇用期間が短いなどということからカードローンの契約が難しい時期もありましたが、今では法整備も行われ安定した収入が得られるようになっています。

そもそも、国内企業において派遣社員を利用する企業も増え、生産性の向上や専門職を雇えるといったメリットもあります。派遣社員がいなければ、業務が回らないことや人員が確保出来ないといった問題も生じています。

さらに、事務管理系の派遣社員は専門知識も豊富であり、企業内における需要も多くなり、製造工程でも職場慣れした派遣社員を登用する方が仕事の効率も良くなっています。

派遣社員というのは、昔と異なり安心してローン契約が出来つつあり、カードローンだけでなく、住宅を購入出来る可能性があります。

派遣会社社員でも問題なくプロミスで借りられる!

プロミスでカードローン契約が出来るのは正社員でなくても大丈夫です。安定した収入があれば契約社員だろうが派遣社員だろうがカードローン契約をする事が出来ます。が派遣社員に関しては在籍確認の時にその職場で働いていることが確認できなければいけません。

ようするに派遣社員の場合だと日雇い派遣で勤務先が固定されていない人は安定した収入が無いと判断をされてカードローン契約ができません。逆に勤務先がはっきりしている派遣社員は借り入れの条件さえクリア出来ていれば問題なく契約が出来るでしょう。

大切なのはクレジットヒストリーや年収、勤続年数

派遣社員がキャシング契約を行う際、審査段階で利用されているスコアリング判定でマイナスになってしまいます。しかし、就業形態は審査の1項目に過ぎず、年収や勤務年数が正社員と同様に審査されています。

また、クレジットヒストリーすなわち個人信用情報における取引履歴もフェアな審査がシステム的に行われるため、総合点数での差を埋めることが可能です。クレジットヒストリーは、正社員でも審査に影響し、返済を遅延または延滞させるとマイナス要素となります。

基本的には、派遣社員だからどうだという訳ではなく、キャッシング契約を希望する全ての人に共通するため、大げさに不安と考える必要はありません。

在籍確認は「派遣元」に来るように申告しておいたほうが確実!

プロミスのキャッシング審査を受ける際、在籍確認の電話は「派遣元」に行われるようにすることを忘れてはいけません。誤って派遣先に在籍確認が行われたとしても、基本的には派遣先の社員ではないため、在籍していないと回答されてしまいます。

あくまで、派遣社員は派遣元の社員であり、派遣登録するエリアの営業所や支店に電話がされるようにするのが、審査を受ける際の条件です。迷った場合は、給与明細を発行する、または源泉徴収票を発行する会社と認識しておけば、審査時に問題が生じなくなります。

派遣元の会社は、社員の在籍状況や勤怠管理、派遣先まで把握しているため、在籍していると回答が行われます。

申し込み時に「派遣元」や「派遣先」の企業に関してできる限り正確に伝えておくことが大切

派遣社員の方がプロミスで契約審査を受ける際は、「派遣元」や「派遣先」について正確な情報を可能な限り伝えておくことが重要です。これは、会員規約に派遣元および派遣先を含め情報を提供しない状態だと、所在不明と扱われる可能性があります。

また、プロミスの場合、申し込み時点で『派遣社員』と選択する項目があるため、連絡先を確認する可能性もあります。

このような確認を少しでも審査判定に生かすため、自ら正確な情報を提供することで信用度のアップに繋がるということを認識していれば、契約出来る可能性がアップします。

はじめて利用の方は30日間無利息!※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

プロミス