プロミスのキャッシング審査は、水商売でも通過し、借り入れが出来る可能性があります。水商売というと、夜のお仕事すなわちホステスやホスト、ホールスタッフなど収入が月毎に変わるイメージが強くなってしまいます。

しかし、水商売とは定義が曖昧であり、風営法を考えた場合は居酒屋や深夜に営業する飲食営業などが該当します。水商売でも安定した収入があり、融資対象年齢に該当していれば審査を通過できますが、法人経営や風営法の許可を受けているということが重要になります。

また、経営者または関係者に反社会的勢力との関係が無いということも抑えておくべきポイントです。プロミスの場合、違法性が無ければ、少額ながら融資を受けることが出来るため、水商売だからといって悲観的になる必要はありません。

水商売であっても安定した収入があれば借りれる

プロミスのキャッシング審査は、安定した収入があること、年齢が20歳以上69歳以下なら融資を受けられ、職業の制限はありません。例え、水商売だとしても勤務先が違法営業を行っていない限り、審査を通過する可能性があります。

基本的に水商売は日本国内での俗称であり、居酒屋を含む深夜営業の飲食営業も当て嵌めることも可能です。あくまで、飲食接待業であり、社会的にはお酒や食べ物を提供し、接待を行うサービス業であり何ら恥じることのない職業です。

審査段階での属性はマイナスではあるものの、融資してもリスクが少なければ何も問題がありません。これを考えてしまうと、パチンコ業界で勤務する方も審査時の属性は不利になるため、水商売だけが厳しいというのは昔の考え方です。

アリバイ会社は使わない方がよい

プロミスのキャッシング契約の審査を受ける際、アリバイ会社は絶対に利用してはいけません。キャバクラ、スナック、ガールズバー、ホストなど世間的に水商売と言われる方で、審査を不安に感じ何としてでも審査を通過しようと利用してしまいがちです。

しかし、これは虚偽申請に該当し、会員規定上では契約が成立しなくなり、借り入れが出来ないものとなります。また、アリバイ会社を利用することは、身分詐称や公文書偽造罪、私文書偽造罪など犯罪行為であり、プロミスはこのような行為を認めていません。

例え、水商売でも安定した収入があり、勤務先も法人や風営法の登録許可を受けている場合、借り入れすることが可能なため、アリバイ会社を利用するメリットがありません。

見抜かれると収入証明書の提出を求められる可能性も

プロミスのキャッシング契約は、水商売でも通常の審査が行われるため、基本的には給与所得者、パートやアルバイト同様に審査が行われます。しかし、勤務先の情報を記載すると収入証明書類の提出が求められるケースもあります。

給与所得者、パートやアルバイトに比べ、月収にバラつきが生じやすいため、50万円以下の融資でもしっかりと収入を確認する必要があります。ですが、マイナスばかりで考えても仕方が無く、収入に応じた融資を行ってもらうことは可能です。

この際、重要視することは収入だけでなく、勤務先の実態や営業許可の有無を確認し、違法性がないこと、そして反社会的勢力との関係が無いことも確認します。

基本的には、信用度をしっかり確認するための行為であり、収入証明書類の提出を求められるということは、少なからず融資が出来るかどうかをしっかりと判断していると捉えることが出来ます。

プロミスの場合は、水商売だから申し込み時点で門前払いになるといった対応はせず、申込者の信用重視します。

はじめて利用の方は30日間無利息!※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

プロミス