プロミスの契約審査は、パートやアルバイトでも安定した収入があれば、通過する可能性があります。基本的には、無職でなければ、少なからず返済能力があるため、それに応じた融資額で契約することとなります。

パートやアルバイトだと『収入が少ないからダメ』、『毎月の収入に変動がある』といったことで諦める必要はありません。

また、プロミスの審査で利用する個人信用情報機関はクレジットカード会社も利用しているため、ショッピング枠の利用残高にも注意することをおすすめします。

収入に対する余裕があれば、審査が通過出来る可能性は十分に備わっているため、ダメ元でも審査申し込みをするのが重要です。実効に移さなければ、借り入れ出来る可能性はゼロのままです。

パートやアルバイトでも収入が安定していた方が審査に有利

プロミスのキャッシング契約は、パートやアルバイトでも契約できる可能性があり、少なからず申し込み条件となる『安定した収入がある』ということに適合し、門前払いとなることはありません。

ただし、より審査通過を有利にするためには、可能な限り収入を高める努力だけでなく、クレジットカードの使い過ぎなどにも注意が必要です。

例え、パートやアルバイトでも年収100万円があれば、貸金業法に定められる総量規制の下、30万円までは融資を受けることは可能です。また、信用度を考慮しても10万円の融資限度額を契約出来る可能性はあります。

プロミスのキャッシング契約審査は、スコアリング判定と個人信用情報を基に融資決定が行われるため、問題が無い状態での申し込みを不安に考える必要はありません。

勤続年数が少なすぎると審査に不利になる(もちろん不可能ではない)

プロミスのキャッシング審査には、スコアリング判定が用いられており、勤続年数は審査項目の1つとなり、審査全体で不利になるものではありません。

ただし、契約審査を申し込む場合、源泉徴収票や直近2カ月および1年間の賞与明細が必要となるため、最低でも1年以上の勤続年数は審査条件になります。

しかし、1年や2年の勤続年数といったことは返済能力を審査するいち条件であり、基本的には安定した収入があり、今後も見込めるかどうかが重要になります。

基本的に1年や2年そこらの勤続年数では、大幅な収入アップは見込めず、賞与自体も勤務先の業績に影響されてしまいます。一般的には、6ヶ月以上の勤続期間があれば審査が通過出来る可能性があるものの。

確実性を担保するのであれば1年以上勤務し、源泉徴収票を受け取ることの方が審査上でも有利になります。

利用限度額(借りれる金額)が少なく設定されることも多い

プロミスは正社員だけでなく、一定の収入があれば申し込みが可能ですから、パートやアルバイトの方でも利用することができます。しかしこれらの方ではいざ審査に通っても、正社員の方と比べて利用限度額が少ない場合がほとんどとなっています。

プロミスに限らないことですが、一般に金融機関ではローンサービスを提供する際、申し込んだ人の収入や属性を中心に審査を行うことが多く、正社員と比べるとどうしても収入が低いパートやアルバイトの方というのは毎月返済に回せるお金は少額となってしまいます。

ですので返済に対する負担の大きさや、滞納することなく返済を続けられる可能性を考慮すると、どうしても利用額に制限がかかってしまうのです。

はじめて利用の方は30日間無利息!※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

プロミス