プロミスの審査を必要以上に恐れる必要は無い

プロミスのキャッシング契約は、必要以上に心配する必要がありません。過去に消費者金融からの借り入れが無ければ、個人信用情報に事故履歴が残っているということが無いのが実情です。

そして、他社借り入れも契約時点でなければ、審査通過の可能性は高く、返済出来る収入が見込めるものとなり得ます。そもそも、プロミスは大手消費者金融で有名であり、融資審査に高いノウハウもあり、健全な経営を行っているため、安心して契約が出来ます。

あくまで、信用度に応じて融資を行っているため、法律に則った営業および債権回収を行うため、一昔前の消費者金融とは全く違うものです。審査が厳しいといった口コミがあっても、返済能力が借り入れに伴っていれば、恐れる必要がありません。

そして、審査自体もスコアリング判定および個人信用情報を基に行っているため、過度な融資が行われず、金利自体も法律に基づいているため安心することが出来ます。

今までに消費者金融などで借り入れの経験がないなら審査には通る確率が高い

プロミスのキャッシング契約をする際、消費者金融からの借り入れが初めてという方は審査条件として有利になります。そもそも、個人信用情報として利用実態が確認されず、他社借り入れがないため債務超過というリスクが少なくなります。

その結果、審査においては『借金をしない人』と判断され、返済をしっかりと履行できる返済能力があるということになります。個人信用情報には最低でも5年間は取引情報が残っているため、他社借り入れをしていると審査段階で不利になるのが一般的です。

しかし、過去に借り入れした情報が無い、そして現在も借り入れ及び返済を行っていないということは、信用度があるものとなります。

過去に消費者金融で借り入れをして完済している経験があるなら審査に通りやすい

プロミスのキャッシング契約をする際、過去に消費者金融で借り入れをして完済している場合、審査が通り易くなります。ただし、注意する点は完済日から5年が経過していないということが重要であり、これは個人信用情報で実態が確認出来るということが条件となります。

この場合、プロミス側の審査において契約申込者に完済する返済能力があると判断される必要があります。つまり、消費者金融からの借り入れを返済していることは信用度を高める情報となるため、審査面ではプラスに働きます。

他社からの借り入れ情報が不安に思う方がいますが、完済していれば『この人は返済出来る』という情報となるため、不安に考える必要が無くなります。

アルバイトよりも正社員、しっかりとした職業に永く就いている人ほど、審査に通りやすい

お金を貸す側の立場からすると返す保証がある人に貸したいですよね。まさにタイトルの通りで安定してるというのが第一でしょうか。審査のときには会社名、年収、勤続年数などを聞かれます。大企業などにお勤めの方は文句ないと思います。

年収はもうわかる通り、返せる能力があるかどうかが一番わかる項目です。勤続年数が長いというのはその人の人間性がわかります。

やはり1つの会社に長く勤めるというのはこの人にお金を貸してもちゃんと計画的に返してくれるだろう、投げ出したりしないだだろう、というイメージを与えるからです。あとはプラスになるとすれば他に借金がないことでしょうか。

正社員になる、長く勤務する、事情などはあるかもしれませんが個人の努力でどうにかなる部分でもあります。借金をするということは並々ならぬ理由があると想像されます。こうした時に少しでも借りやすくするためにも日頃の努力を惜しみたくないものです。

はじめて利用の方は30日間無利息!※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

プロミス