プロミスの審査って一体どういうもの?何を聞かれ、何を提出すればよいの?今回はこの審査に関する素朴な疑問についてお話しします。

プロミスの審査は厳しいのか?

残念ながら、プロミスの審査基準については、公表されておりません。審査基準はプロミスが取り決めている内容となっており、その内容に関する明確な答えはありません。ですが、審査に確実に落ちる3つの事象はクリアしていなければなりません。

  1. 1.金融事故を起こしていて、ブラックリストに載っている
  2. 他社消費者金融から既に3社程度断られて申し込みブラックとなっている
  3. 既に他社を含む借入が年収の1/3に達していて、総量規制にかかっている

この様な状態の人は、審査に通過出来ません。この3項目に当たらない人の場合は、審査を受けてみてもよいと考えられます。では、他の消費者金融と比較して審査が通過しやすいかどうか。この点についても明確な事は言えませんが、審査を受ける時期やタイミングにより、審査に通る可能性があると考えられます。

その時期は、3月や決算を迎える3月や、6月、9月、12月などの四半期の末です。プロミスと言えども、民間企業であり利益があっての業者です。そのため、顧客を増やしたい、会社の年間計画が達成出来ていないという状態となれば、少し審査を甘くしても審査基準を下げて顧客確保を行う時期が存在します。この時期を狙う事で審査は通過しやすい場合があるでしょう。

審査にかかる時間の目安

  • インターネットの場合は、審査~契約まで最短で3~4時間で完結します。インターネットで申請した場合は、入力項目を自分で入力し申請する事になりますので、少し手間がかかります。
  • プロミスコールの場合でも、審査~契約まで最短で3~4時間と言えます。インターネットで申請する場合の入力項目を電話で伝え、申請する事になりますので、入力する事が苦手な人は、このプロミスコールを利用しましょう。
  • 無人契約機の場合は、審査~契約まで、最短で1時間で完結します。個人により状況により多少変動しますが、初めて消費者金融を利用する人で、安定した収入がある人は、ほぼ1時間で完結する事が出来ると言えます。他社から1、2社借入れがある人の場合でも、約1時間程度で完結する事が出来るでしょう。しかし、他社から3社以上借入がある人は、審査に時間を要し、1or2日くらいの審査時間が必要となります。

審査を受ける人は、ブラックリストに載っていない、申し込みブラックになっていない、総量規制にかかっていない事に注意し、申請をするようにしましょう。

審査において在籍確認はかなり重要

審査において在籍確認は大変重要です。その理由は在籍確認は契約者が嘘をつけないからです。そして在籍確認により働いていることが証明されないと審査する側からすると返済してもらえる担保とならないからです。

働いていることが分かれば毎月収入があるのが確認出来て「この人はお金を貸しても返済できる」という保証となるからです。

また契約を希望する側からも在籍確認をしてもらうことにより自身が嘘をついていないと証明することになり、これにより借り入れの条件を全てクリアすることになります。

はじめて利用の方は30日間無利息!※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

プロミス