無職は安定した収入がないために審査に通ることは困難

プロミスのキャッシング契約は、貸金業法が適用されるため、無職の方は安定した収入が無く、借り入れをすることが出来ません。そもそも、貸金業法には総量規制があり、年収の1/3までしか借り入れが出来なくなっています。

無職の場合、年収自体がゼロとなるため、総量規制を適用してもゼロのままになってしまいます。ただし、貸金業法が適用される貸金業者でも、専業主婦の場合は配偶者貸付に対応してるケースがあります。

また、銀行のローン契約に於いても安定した収入があることが必要条件となっているため、パートやアルバイトで勤務することで借り入れを行うことが出来ます。基本的には、無職は返済する能力が無いため、ローン商材の契約は出来ないのが一般的です。

無職の人が仕事に就いたとして、何か月くらいの勤続年数で審査に通る?

プロミスのキャッシング契約を申し込む際、無職の方が就労した場合、どれくらいの期間で審査が通過するか気になる筈です。プロミスの場合、就労から最低でも6ヶ月以上が条件となり、1年以上経過している方が審査条件として有利になります。

そもそも、安定した収入があるかどうか判断するためには、勤続年数が重要となり、短期間の収入ではリスクが伴います。

また、契約時には源泉徴収票または給与明細(直近2ヶ月分と1年分の賞与明細)が必要であり、1年以上の勤続が確認されている方が審査通過率はアップします。

例え、6ヶ月以上の勤務実績があったとしても、融資額が低くなってしまう可能性があるため、1年以上待つのがおすすめです。

失業給付を受けていれば審査に通る?

残念なことにプロミスのキャッシング審査は、失業給付中の方が通過することは出来ません。基本的にプロミスの審査において、勤務先への在籍確認は必要事項となっており、電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。

そもそも、失業給付中は失業者すなわち無職であり、在籍確認をする勤務先が存在しません。もし、失業前に勤務していた会社で契約を行った場合、虚偽申請となってしまい違法行為に該当し、絶対に行ってはいけない行為です。

また、例え審査を通過しても再就職やパート、アルバイト勤務を行ったとしても勤務先情報において在籍期間の不一致が生じてしまいます。虚偽申請は公文書偽造罪や私文書偽造罪に該当するため、絶対に失業期間中の申し込みは避ける必要があります。

例えば、在籍確認時に『退職しました』と言われたり、直近の給与明細を提出することが出来ないなど審査時に困ることになります。

年金収入があっても無職は審査に通らない?

プロミスのキャッシング契約は、年金受給という安定した収入があったとしても、借り入れをすることが出来ません。先ず、年金受給といってもシニアスタッフやアルバイトといったことで収入があれば、審査が通過出来る可能性があります。

一方で、プロミスの申し込み条件には、年齢制限があり『69歳以下』ということも影響します。近年では、定年を迎えてもそのまま勤続する方も増えており、65歳まではシニアスタッフ、そしてそれ以降はアルバイトといった勤務も増えています。

このような情勢および年齢制限を考慮した場合、年金受給という安定した収入があったとしても、審査で弾かれてしまいます。

専業主婦の場合はどう?

プロミスのキャッシング契約は、専業主婦の場合、審査以前に申し込み対象外となり、借り入れをすることが出来ません。プロミスが提供するカードローンは、配偶者貸付に対応していないため、専業主婦は無職となってしまいます。

つまり、会員規約に合致することが出来ないため、契約を締結するに至りません。そのため、借り入れを検討されている方は配偶者貸付に対応する貸金業者、または銀行カードローンの契約をおすすめします。

銀行の場合、旦那さんに収入があればカードローンでも30万円まで融資を受けられる可能性があります。

プロミスで専業主婦がキャッシング

はじめて利用の方は30日間無利息!※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

プロミス