プロミスの審査は学生でも20歳以上なら問題なし

プロミスの申し込み条件は、申込者本人に安定した収入があり、20歳以上であれば審査を受けられ、融資を受けられる可能性はあります。大学生と言えども20歳になれば、自分自身で様々な申し込み出来るようになっており、自己責任になります。

現在の日本社会においては、どうしても親に頼れない、または自己責任の下で契約を出来るようになっているのが当たり前です。20歳になれば、成人を迎え自分の責任で契約および返済も可能になり、大人の仲間入りをしています。

アルバイトで少額ながら収入があれば、キャッシングにより卒業旅行や研究室の離散会費用、そして引っ越し費用を調達することが可能です。

親が責任を果たせるのは、20歳未満でありこれから先の方向性は自分自身であり、信用が確認されれば借り入れするのに問題はありません。

18歳、19歳だと借り入れはできない(学生であるかどうかにかかわらず)

プロミスのキャッシング契約は、20歳以上そして69歳以下が申し込み対象となっているため、未成年の申し込みが出来ません。学生でアルバイトをしている、高校を卒業して就職しているといった状況に関わらず、融資対象外です。

あくまで、日本国内では20歳未満は自身の責任が問えず、信用が無い状態にあります。基本的には、親権者の管理の下で様々な契約が行われ、責任を本人に問えない状態となっています。

そのため、カードローンといった信用度に応じて契約が締結される金融商材を契約することは、申し込みが出来たとしても契約を締結出来る条件にありません。ただし、これは未成年者を守る行為でもあり、若いうちから借金に頼ることを防いでいます。

学生だとしても特に審査で不利になることは無い

プロミスのキャッシング契約審査は、学生であっても20歳以上かつアルバイトにより収入があれば、通過できる可能性はあります。ただし、審査通過を不安視し、兄弟や姉妹の身分証明書類や勤務先を申し込み情報として利用することは、身分詐称行為に該当し違法行為です。

例え、アルバイトで少ないながらも収入があれば、申し込み条件を満足しているため、審査を受けられるものとなっています。若いうちに借り入れをすることは、将来的に問題にはなるものの、返済能力さえあれば借り入れは可能です。

もし、大学生でどうしても借り入れが必要な場合は、6ヶ月以上安定した収入があることを証明出来きれば、融資を受けられる可能性があるため、偽りなく申し込みすれば可能性はゼロではありません。

学生だということを隠して審査を受けるのはどうか?

プロミスでカードローンを作成するときには、審査においては必ず事実を書きましょう。例えば、学生の場合はしっかりと学生と職業欄に記入しましょう。学生や主婦の方などで審査が不安だからといって嘘の職業を書いたり、嘘の収入金額を書くのは絶対にやめましょう。

嘘をついてもバレますし、仮に嘘をついたまま審査を通過しても後でバレれば即利用停止になりかねませんし、相手に大きな不信感を与えてしまいます。ですから、事実のみを書くことが1番です。

学生さんでもアルバイトなどで安定した収入があれば審査に通過出来る可能性があります。

兄や姉の身分証で申し込むのは絶対にNG

プロミスのキャッシング契約は、身分を偽って申し込むことは虚偽申請に該当し、契約を締結することは出来ません。どうしても借り入れが必要な場合、兄弟や姉妹の身分証明を利用し、申し込みも身分証明書通りに行う可能性があります。

しかし、この行為は身分詐称や詐欺行為に該当してしまい、申込者および関係者が罰則されることとなります。申込者は身分詐称として詐欺罪で摘発され、身分証明書類を提供した身内の方は名義貸し行為に該当し、罰則だけでなく将来的な不利益を受けることとなります。

また、公文書偽造罪や私文書偽造罪といった可能性もあり、多くの方を巻き込む大きな問題になるため、絶対に行ってはいけません。特に未成年で現金が必要だとしても、兄弟や姉妹の身分証明書類を利用することは犯罪行為です。

ただし、支援を受けることは問題がないため、相談した上で現金を受け取るならば、自分が兄弟や姉妹へ現金を支払うことは可能です。若いうちからの借り入れや犯罪行為は、将来に影響するため厳禁行為です。

はじめて利用の方は30日間無利息!※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

プロミス