プロミスのカードローンを契約する際、融資限度額が50万円を超える契約は収入証明書類の提出が必要となっています。この条件は、プロミスの公式ホームページにも記載されており、希望融資額の合計と他社借り入れ金額が100万円を超える場合でも必要となっています。

所得証明書類としては、源泉徴収票や確定申告書、給与明細を提出することとなります。もし、新規での契約を行う際は、少なからず前年度の源泉徴収票を準備した上で申込むことがおススメであり、無人契約機での契約ではより融資を確実にするものとして必須です。

プロミスに提出する収入証明書、具体的に何ならOK?

カードローンの申し込みには収入証明がいるケースがあります。収入証明として用いられるのは給料明細と源泉徴収票が一般的ですし、用意しやすいかと思います。一方で自営業で「給料明細なんてない」という方は課税証明書か確定申告書が必要です。

勿論会社員の方がカードローン契約するときにこのどちらかを用いても構いません。また一定額以上の限度額を希望する時には特別徴収税の通知書が必要になります。とはいえ他社からの借入がなく50万円以下の借り入れを希望する際には収入証明する書類は不要となります。

プロミスは増額審査を受ける時にも在籍確認は必須なの?

プロミスのカードローンで増額審査を受ける場合、必ずしも勤務先への在籍確認が行われるものではありません。先ず、契約から1年も経過しない内に自ら増額を申し込むまたは案内が来た際は、在籍確認がされないケースがあります。

この場合、勤務先が変わっている可能性が低く、返済に問題無いといった条件が必要です。一方、契約から2~3年が経過して増額審査を行う際は、勤務先の在籍確認は必須事項であり、返済能力のチェックが必要となります。

基本的にローン契約であるため、双方がしっかりとした情報を提示した上で合意することが必要となります。プロミス自体は企業としての情報を開示しているものの、契約者が情報を開示しなければ契約の締結には至りません。

つまり、在籍確認はプロミス側にとって主張できる権利であり、契約を申し出る者には応じる必要性があるものとなります。そもそも、個人情報に関する同意事項や会員規約からこれらの情報を読み取ることが可能であり、在籍確認は状況により変化するものとなっています。

プロミスで初回から50万円超借りられる可能性はどれくらいあるの?(総量規制はクリアしている前提で)

プロミスのカードローンを新規契約する際、融資希望額を50万円以上で借り入れ出来る可能性はあります。先ず、重要なことは仮審査において用いられるスコアリング審査を通過することであり、他社借り入れがゼロであることが望ましい条件です。

更に、クレジットカードや割賦購入の返済を延滞していないことが重要であり、与信情報の確認で問題となります。そもそも、現在は大手消費者金融の多くがシステムによる自動判定を採用しているため、最終チェックは人間の目で行ったとしても審査側もOKと判断しています。

つまり、最初の融資額が30万円が一般的であるのに対し、クレジットカードの支払いも殆どない、割賦購入の残債もないとなれば、プロミスにとって優良契約者と判断されます。

好条件であれば、システム的な審査であれば確実性は高いものの、本人確認時に減額される可能性もあるため、五分五分で考えるのが大きな期待をせずに済みます。

プロミスでの増額はどれくらい時間かかる?即日OK?

プロミスでの増額審査はどのくらい時間がかかるのでしょうか?プロミスでの増額審査はインターネットの会員専用ページから申込むか直接、プロミスのコールセンターに電話して増額審査を申込みます。審査受付時間は平日9:00~18:00なのでこの時間に申込む必要があります。

審査を申込み前に確認しておくことは、まずプロミスでの返済実績があるかどうかを確認しておくべきです。返済実績がなかったり契約期間からあまり時間が経っていないと審査を受けつけてもらえません。

審査結果は増額金額や利用実績、信用情報によって即日増額になることもありますが、数日かかることもあります。必ず、即日増額が出来るわけではありませんので注意が必要です。

はじめて利用の方は30日間無利息!※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

プロミス