車を担保にお金を借りる「車担保ローンとは」

車担保ローンは、マイカーを担保として現金を借り入れする方法です。この方法は、質入れに似ているものの、自動車を所有したまま現金を借り入れ出来るため、似て非なるものです。通常、質入れした場合は質屋に物品を預け、期限まで返済が出来なければ質流れになります。

しかし、車担保ローンは日常生活で利用することができ、返済できなくなった場合に自動車が回収されます。現在では、多くの方がマイカーローンを契約し、自動車を購入しているため、所有権が自分自身に無ければ利用することは出来ません。

そもそも、個人信用情報に基づいて借り入れが出来ない場合での最終手段であり、利息以上の支払が発生する問題もあります。特に所有権を譲渡し、リース形態にすると実際の利息意外にリース料が発生してしまいます。

また、車検証の所有者名義を変更する際の手数料が掛かるなど、毎月の返済が高額になり得ます。リース料や名義変更費用は、利息制限法の適用外であり、どうしても現金が必要という場合にのみに限定することがおすすめです。

車担保ローンでは金利以外にもリース料や手数料がかかる場合が多い

車担保ローンは、ローン金利以外に自動車購入時に生じたローン金利や手数料、そしてリース料が発生しています。そもそも、余程の現金が手元に無い限り多くの方が自動車ローンを契約し、利息を支払って返済を行っていることが一般的です。

この場合、二重に利息が発生してしまい、車担保ローンで借金地獄に陥る可能性が高くなってしまいます。

また、自動車ローンを契約する場合、注意する点は所有権が契約者本人かローン会社なのかがポイントであり、契約者本人に所有権が無い場合は車担保ローンの契約は出来ません。

さらに、リース契約で自動車を取得している場合、確実に自身に所有権が無いということになります。銀行の自動車ローンの場合、所有権はあくまで契約者自身にあり、車担保ローンを契約することは可能なものの、無駄な金利を支払う羽目になるため、利用を避けるべきです。

どうしても現金に困った際は、自動車を中古車で販売し、格安で動けばいいレベルの中古車に乗り換えるのが建設的な考えになります。

支払いが滞ると車が取り上げられてしまう

車担保ローンは、返済が滞り、債権回収会社に債権が譲渡されると車が取り上げられてしまいます。基本的にローン会社が直接的に回収することは出来ず、債権を売却し別の会社が車を換金し、債権を回収することとなります。

そのため、日常生活に自動車が必要な方は絶対に利用しないことがおすすめです。また、自動車ローンが残っている場合、所有権はローン会社にあるため、担保としてローン契約が出来ません。

これらの条件をクリアし、担保として取り上げられそうな場合は、親兄弟などに事情を話し、買い戻すといった方法があります。ただし、換金されてしまってからでは遅く、取り上げられる前に現金を建て替えてもらうのが重要です。

換金されてしまってからでは、中古車販売店に売却されてしまい、売却費用よりも高くなります。

車の査定額がかなり低くなってしまう

車担保ローンは、実際の中古車買い取り価格よりも査定額が下がってしまうケースがあります。基本的には、ローン会社の社員は金融マンであり、自動車の査定に精通した人ではなく、素人または多少詳しい程度に過ぎません。

自動車の査定は、中古車市場における仕入れ価格や車体の状態、オプションの有無で大きく異なり、素人目では判断出来ない部分もあります。結果、査定をする人間は中古車市場で流通する最低価格を適用し、融資額を決定することとなります。

中古車買取専門店の場合、純正オプションやカーオーディオ、カーナビの有無といったことで割増を行いますが、車体価格だけで判断されるため、利用は避けるべきです。

車担保ローンはできる限り使わない方がよい。プロミスなどの無担保融資の方が優れている

最近「車でお金」「乗りながら融資」といった謳い文句での車担保ローンが増えていますが、率直に言って利用はあまりお勧めできません。銀行などの不動産担保ローンと違って、車担保ローンは主に貸金業者が行っており、金利も割高です。

また、車検名義変更などの手数料と称して不当に高い手数料を取られるケースがままあり、また車の名義が貸金業者に移ることで「うちの車をお宅は借りている訳だからリース料を払え」などと、当初の説明にはなかった費用を要求してくる業者も後をたちません。

車融資よりも、正規の消費者金融などが行っている無担保融資の方が明朗会計で優れた融資と言えます。

はじめて利用の方は30日間無利息!※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

プロミス