プロミスと過去に取引があったが一度解約してしまった。でも、またプロミスを利用したいけど、再度契約・借入をする事は出来るのでしょうか?今回は、一度解約をしてしまった人や長い間利用をしていない人が、プロミスと再契約及び利用することについてお話しします。

プロミスコールから問合せをする事で再手続きが行える

一度解約した人は、プロミスコールから問合せをしましょう。プロミスでは過去の契約者の情報を管理しています。ですので、一度解約した人でも、再度審査を受けた結果、再契約を結ぶ事ができます。過去の解約理由が、金融事故によるものでない限り、再審査・再契約は可能と言えます。但し、他の消費者金融などのカードローン等で金融事故を起こしていた場合は、再契約はほぼ不可能と言えるでしょう。

過去の取引実績により上限融資額も変動する可能性がある

完済してプロミスとの契約を解約した実績を持つ人は、プロミス側としては実績のある優良なリピーターだと考える可能性があります。そのため、過去より収入が上がったり、勤続年数が長くなっている人は、過去の取引上限金額よりも引き上げられた内容になったり、過去より多少低い金利で契約が結べる可能性があります。

過去の取引は今回の再契約を結ぶにあたり、大変重要な要素となります。過去の解約理由がプロミス側からの強制解約や債務整理を行った人の場合は、仮に審査を申し込んだとしても、審査結果は不可となるでしょう。

最近取引はしていないが、カードは所持している人の場合

解約はしていないが、最近利用する事がなく、前回の利用年月が1年以上前の場合はどうでしょうか?この場合は、カードが一時的に利用出来なくなっている可能性があります。その理由は、収入を証明するものを提出していないからだと考えられます。契約は続けているが、借入などの取引が1年以上前に遡っている場合は、自分の源泉徴収書をプロミスに提出しましょう。この収入証明を提出する事により、再度カードの利用が可能となるでしょう。分からない事はプロミスコールに相談してみましょう。

以上の様に、再契約を行うポイントは、過去の解約理由が何であったかにもよりますが、再契約時には過去の上限金額を上回る上限設定を可能としてくれる場合があります。また、1年以上取引の無い人が再度利用する時は、源泉徴収書をプロミスに提出する事で、再度利用可能になるでしょう。

はじめて利用の方は30日間無利息!※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

プロミス