プロミスの審査に落ちてしまった。でもお金が必要。次に審査を受ける業者はどこがいいのだろうと悩んでいる人。今回はプロミスの審査に落ちた場合、どこの審査に申し込むのがよいかについてお話しします。

消費者金融系の保証会社が入っているところを選びましょう

今や消費者金融の多くは、様々な銀行との提携を行っています。その代表として、現在は以下の様な繋がりがあります。

  • 「プロミス」と「三井住友銀行」(保証会社:SMBCコンシューマーファイナンス(株))
  • 「アイフル」と「みずほ銀行」(保証会社:(株)オリエントコーポレーション)
  • 「アコム」と「三菱東京UFJ銀行」(保証会社:アコム)
  • 「ノーローン・レイク」と「新生銀行」(保証会社:新生フィナンシャル)

この様に、融資を行う業者には必ず保証会社がついています。もし消費者が返済不能になった場合でも、その金額を保証する会社です。上記の結果からお分かりになる事は、まずプロミスに落ちた場合には、三井住友銀行カードローンの審査も、ほぼ通らないと考えられます。それは、同じ保証会社だからです。

基本的に、保証会社が消費者の査定を行います。消費者の保証が出来るかどうかの判断については、各保証会社により基準は異なりますが、SMBCコンシューマーファイナンス、オリエントコーポレーション、新生フィナンシャルというのは多くの銀行で採用されている保証会社です。

これらの保証会社は、基本的に審査基準が厳しくなっています。しかし、上記の中でアコムと三菱東京UFJ銀行だけがアコムを保証会社として運営しています。保証会社が銀行系よりも消費者金融系の方が審査に通り易いのです。つまり上記の場合、「アコム」が他の消費者金融と比較し、比較的審査に通りやすいのではないかと考えられます。

他の銀行系カードローン

上記の代表的なカードローンの他にも、実はまだまだ審査が通りやすいカードローンが存在します。それがネットバンキング系のカードローンです。ネットバンキングは店舗を持たない銀行ですので、運用経費は大手の銀行と比較しかなり低く、その分カードローンに積極的な投資をしているというイメージです。

ネットバンキングの代表として、オリックスカードローン、楽天銀行カードローンがあります。オリックスカードローンは、保証会社に「(株)新生フィナンシャル」が入っており、楽天銀行カードローンには「(株)セディナ」が保証会社として入っています。オリックスカードローンは、「ノーローン・レイク」の審査に落ちた人は避けた方がよいと思いますが、「アコム」の次に、申し込みやすい業者として、「オリックスカードローン」が挙げられます。

もしあなたがプロミスの審査に落ちたのであれば、上記の内容を参照にして頂き、次に申し込む先のカードローンを選定してみては如何でしょうか。特に「アコム」、「オリックスカードローン」、「楽天カードローン」の商品が非常に有力だと考えられます。

はじめて利用の方は30日間無利息!※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

プロミス