プロミスで返済を遅延させてしまった時、焦りますよね。人間誰しもがうっかりと忘れてしまう事もあるもの。今回はプロミスで返済が遅れた時にどのような事になってしまうのかという点についてお話しします。

返済遅延は次回の返済利息が変わります

返済遅延を起こしてしまった場合は、次の月に返済する利息が20.0%(実質年率)となってしまいます。これは返済遅延を起こした次の月のみ科せられるペナルティーであって、以降利息が20.0%(実質年率)になる訳ではありません。これはプロミスの契約事項にもしっかりと載っている内容です。そんなペナルティーを受けないよう、返済遅延は起こさないように注意しましょう。

返済遅延時の対応

利息面が増えてしまう以外に、実際の取り立て等がどうなるのか気になるところです。返済を遅延させてしまったといっても、1,2日程度では何の連絡もないでしょう。3日目くらいになると、プロミスに登録している電話番号にプロミス担当者から電話が入ります。内容は「今月返済がされていません。どうかされましたか?」という質問から始まり、こちらの状況を把握した後、最後は具体的な返済予定日を確認され電話が終わります。

更に、その約束日になっても返済をしなかった場合は当然再度電話がかかってきます。「約束の日に入金が確認できませんでした。どうなっていますか?」という内容から始まり、かなりキツイ口調で問い詰められます。給料の使い道を確認され、最終的には給料差押の話しにまで膨らむ場合があります。さすがにこの督促を受けて、もし返済しなかった場合は法的な手段で訴えられる事になりますので十分注意して下さい。。

返済の遅延理由が明確な場合はプロミスへ相談しましょう

海外に行くため、返済の手続きが取れないといったケースの他、返済日に止むを得ない理由により、返済が出来ない事が明確な場合は、早めにプロミスに相談する事をお勧めします。プロミス側もある程度柔軟に対応してくれます。出来れば返済日前の繰り上げ返済が出来ればよいですが、そうでない限りは、明確な理由を伝えた上で、いつ返済が可能になるのかをはっきり伝えるようにしましょう。そうする事で、プロミス側もその月の返済方法について打診をしてくれます。

返済遅延はブラックリストの第一歩

返済遅延は、俗に言うブラックリストに載る事の始まりと言えます。年に1,2回程度の返済遅延などであれば、大きな問題にははりませんが、3回以上の遅延を発生させてしまうと、金融事故としてブラックリストに載ってしまう可能性があります。一度ブラックリストに載ってしまうと、最低5年間、新規ローンやクレジットカードを作成する事が出来ませんので、注意しておきましょう。

以上の様に、遅延による利息のペナルティは大したものではありませんが、他のカードローンやクレジットカードへ影響を与える事になります。なるべく返済遅延は起こさないようにしましょう。

はじめて利用の方は30日間無利息!※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

プロミス