消費者金融を代表するプロミス。プロミスで融資をしてもらいたいと考えていている場合、その使用用途によって色々なプランがある事をご存知でしたでしょうか?今回はこのプロミスのカードローンのラインナップについてご説明します。

お馴染みのフリーキャッシング

ごく一般的なカードローンを指すのがこれです。フリーキャッシング。事業性のある資金には使えない、個人向けを代表するカードローンです。実質年率は4.5~17.8%の間で設定され、契約上限金額は500万円までとなっています。アコム、レイク、ノーローン、アイフルなど、様々な消費者金融が取り扱っている使用用途自由のカードローンと同じものです。

貸付業法に基づくおまとめローン

他社からの借り換えを目的としたカードローンがこれです。おまとめローン。この商品は総量規制の対象外となっていて、実質年率は4.5~17.8%で設定されます。契約上限金額は300万円までとなっています。基本的にプロミスから既存借入業者へ、直接借入金額全額を入金し完済させた後、消費者から返済専用のカードローンとして活用してもらう事になります。

あくまでプロミスから消費者金融へ振込という形となるので、消費者の手元に融資金額が入ってくる事はなく、追加融資を受ける事は出来ません。返済専用のカードローンと認識しておきましょう。注意しておかなければならない事は、既存借入業者との契約金利よりも結果的に高くなってしまう可能性もあります。契約時には、プロミスが掲示する金利と、既存借入業者と取り交わした金利を比較し、高くならないような金利の場合に契約を結ぶようにしましょう。

自営者カードローン

自営業を営む人にとって、事業性のある資金にも使える唯一のカードローンです。審査、契約までを結ぶ事が難しい自営業の方に対しても支援を行っている商品となっています。金利は6.3~17.8%で設定され、契約上限金額は300万円までとなっています。使用目的としては、生計費および事業費に限られており、フリーキャッシングやおまとめローンとはまた借入形態が異なります。事業費にも使用出来るという点では、非常に有効なカードローンとなります。

目的ローン

目的が明確になっているローンです。教育資金、結婚資金など使い道が既に決まっている方を応援するカードローンがこれです。目的ローン。この目的ローンの金利は6.3~16.5%で設定され、契約上限金額は300万円までとなっています。通常のフリーキャッシングと比較し、融資上限金額は下がりますが、最大金利も若干低くなっているのが特徴です。目的が明確に決まっている人は、フリーキャッシングよりも、この目的ローンにする事で、やや低い金利で融資を受ける事が可能となっている商品です。

以上の様に、プロミスから融資を受ける場合は、その使用用途によって、カードローンを使い分ける事が出来ます。カードローンと言うと、フリーキャッシングを連想しがちですが、上記の様に色々な使用用途がある事を覚えておいても損はありません。

はじめて利用の方は30日間無利息!※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

プロミス