プロミスのキャッシング契約は、ローン専用カードを作らずに契約することが可能です。この方法は、WEB完結も対応可能であり、財布にカードを入れておかずに済み、現金が必要になった際はプロミスが提携かつ所有する銀行口座へ振り込みがされるだけです。

これならば、周囲にカードローンを契約しているといったことを知られずに済む他、銀行口座にどうしても残高が不足すると困る際に会員ページから振り込み依頼を行うだけで済みます。

キャッシング契約を速やかに行い、お手軽に借り入れをしたい方には非常におすすめの方法と言えます。そもそも、無人契約機の場合、どうしても目立つ場所にあるため、人目を気にしますがこれならばスマートフォンから申し込みを行い、コンビニATMで引き出しが可能です。

プロミスではカードレスで契約をした場合には、ATMや提携ATMなどからお金をおろすことができない

プロミスのキャッシング契約は、WEB完結も対応可能でカードレスでの契約が出来ます。

そもそも、カードレスにしてしまうと専用ATMや提携ATMから現金の引き出しが出来ないのは当たり前のように思えますが、会員ページから指定の銀行口座へ振り込みを依頼すれば問題は解決です。

受付完了から最短10秒での振り込みが行われるため、カードが無くても所有する銀行口座のキャッシュカードを利用出来れば問題無く借り入れが可能です。(※三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座をプロミスにご登録頂ければ、24時間最短10秒でお振込み可能。)

特にコンビニATMかつ引き出し手数料が一定回数まで無料といったサービスを利用すれば、無駄なく借り入れが可能です。

プロミスでは振込融資の際の名義はパルセンターに変更可能になっている

プロミスのキャッシングを利用し、銀行口座振込を依頼する場合、非常に気になるのが振込名義人です。

プロミスの場合、振込名義人を『パルセンター』または『プロミス』のどちらかで選択できるようになっており、利用する際に注意することで通帳からの利用を知られる危険性を回避することが出来ます。

最近ではインターネットバンキングが普及しているため、通帳無しでの借り入れも可能となり、振込名義人がバレにくいといった点もあります。しかし、念入りに契約をするのであれば、パルセンターへ名義を変更することがおすすめです。

プロミスではカードレスを選択しても、あとからカードを発行することもできる

プロミスのキャッシング契約をカードレスで行った際、WEB完結の場合は自宅へ郵送物が無いため、家族に知られずに済むといったメリットがあります。(※WEB完結は対象金融機関は200行以上あります。)

しかし、カードが無いと何かと不便であり、コンビニATMからの借り入れや返済では手間が掛かることから、カードの発行が出来ないかと考えますが、無人契約機で発行可能です。

そもそも、銀行口座のキャッシュカードが使えない地域へ行った場合、借り入れが難しくなり、結果としてカードの必要性が出てしまいます。

家族に知られたくないからカードレスにしても、結果として必要となることが多くなるため、その際はフリーコールへ電話を行い、無人契約機でカードを受け取るのがおすすめです。

はじめて利用の方は30日間無利息!※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

プロミス