プロミスは学生やフリーターでも融資してくれるのでしょうか?定職ではないけど、プロミスを利用したい。今回はこの様な人にプロミスが利用できるかどうかについてお話しします。

プロミスの貸付対象者について

プロミスの貸付対象者としては、「年齢20歳以上、69歳以下のご本人に安定した収入のある方」でとなっており、主婦、学生でもアルバイトやパートをしている方で、安定した収入がある人の場合も貸付対象者になるとあります。そのため、アルバイト、学生、フリーターでも、条件次第では融資を行ってくれる商品です。では具体的にこの3つの条件の人の場合を見てみましょう。

アルバイトの場合

20歳以上の人でアルバイト生活している人が審査で一番重要視される点は、定期的な収入を得ているかどうかという事です。この定期的な収入を得ているとは、何を持って判断するのでしょうか。その判断基準の材料として、以下の様なことが挙げられます。

  • 同じ勤務先で長く働いている事
  • 収入に大きな変動が無く、ある一定した収入を得ている事

これが一番重要視される点でしょう。同じ場所でのアルバイト年数が長いほど、審査に有利だと言えます。しかし、同じバイト先でアルバイトをしていても、月々の収入に変動がある場合はどうでしょうか。月単位で見た場合に、数万もの差がある場合は、安定した収入があるとは言えなくなります。こう言ったケースの場合、最も収入の少ない月の給料を基準とし、その収入×12ヶ月分で計算される事になる可能性があります。そのため、月単位で大きな変動がなく、出来るだけ安定した収入がある事が望まれます。

勤続年数は少なくとも、1年以上ある方がよいでしょう。アルバイトを短期間で転々としている人は審査では厳しく見られます。定期的な収入は多ければ多いに越したことはありません。消費者金融ではよく、貸付条件として最低年収200万円以上という条件を設定しているところがあります。しかし、プロミスではその様な条件設定はありません。定期的な収入が多ければ多いほど、最大融資枠が大きくなると言えるでしょう。

実際の融資上限は、貸付業法に従って決定されます。貸付業法では年収の1/3以下までしか融資枠を設定出来ません。年間60万円の収入がある人は、その1/3以下、つまり20万円以下が最大の融資枠となります。

学生の場合

学生の場合、満20歳以上の条件をクリアする人は最短で大学2年生以上の人でしょう。学生でも貸付対象者にはなっていますが、定期的な収入と返済能力を証明する事が非常に難しいでしょう。学生の本職が学業であり、アルバイトやパートで収入を得ていても、安定した収入を得られていない限りは、審査通過は難しいでしょう。更に、そこに勤続年数も影響してきます。同じ場所でアルバイトを継続していると言えども、その経験年数は短い人も多いと思われるため、貸付対象者にはなっていますが、審査通過のハードルは非常に厳しいでしょう。

フリーターの場合

フリーターの場合も、アルバイトの人と同じです。少なくとも同じ職場で最低1年以上勤務していて、かつ安定した収入を得られていれば、収入に伴い最大融資枠も大きくなります。

しかし、残念ながら、アルバイト、学生、フリーターでは、やはり安定した収入を得られる正社員の様に、確実な収入を証明出来ない事が多いです。そのため、高額な融資は望めないでしょう。融資の限度額はせいぜい10万円、20万円程度となるでしょう。

はじめて利用の方は30日間無利息!※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

プロミス