近年は、銀行や消費者金融、そして信販会社がキャッシングすなわちカードローンを提供しています。カードローンを契約する際、多くの方が重視するのが金利であり、その中でも目にするのが実質年率という表記です。

実は、金利だけでは説明しきれない金額がローン返済には発生しており、事務手数料や提携ATMで生じる手数料があります。そのため、金利と表示しても実際に返済に掛かる費用が高くなるため、『実質』といった表示がされるようになりました。

低金利で借り入れをしても、提携ATMからの返済により、手数料が割高になることがあるため、契約を検討する際は非常に注意が必要です。また、銀行が提供するカードローンの場合、保証会社への保証委託料を含むことでこのような表記がされるようになっています。

プロミスの金利は大手消費者金融の中でもやや低い

消費者金融を利用する際に最初に確認するのは金利で、少しでも低い金利でお金を借りたいという人にお勧めしたいのがプロミスです。

大手消費者金融の金利を比較するとプロミスは 4.5%~17.8%、アコムは3.0%~18.0%、モビットは3.0%~18.0%、アイフルは4.5%~18.0%、ノーローンは4.9%~18.0%となっています。

注目すべき点は上限の17.8%で他の消費者金融が上限金利は18.0%ですがプロミスは少し低めに設定してあります。勿論金利の幅があるので借りる金額によっては多少異なりますが、小額融資の場合は大抵上限金利となるので上限金利で選ぶのがポイントと言えます。

プロミスはもちろん利息制限法の法定金利を守って営業している

プロミスのキャッシング契約は、最大金利17.8%と利息制限法に定められる20%未満で融資を行っているため、法律に遵守しています。

現在では、出資法に定められる金利29.2%ではなく、利息制限法が適用されるため、新規契約におけるグレーゾーン金利も発生しなくなっています。金利20%を超える融資は、過去の貸金業者であり、現在では違法かつヤミ金業者や紛い業者とも言えます。

それと異なり、プロミスは大手かつ法律を守っているため、安心して借り入れを行うことが出来ます。過去のサラ金業者というイメージは、今では全く無縁の企業として活動を行っています。

消費者金融などの金融業者は利息で儲けを出している

現在の消費者金融は、融資による利息収益による利益が企業として重要なものとなっています。消費者金融には、保証事業を行って企業収益の一部としているものの、基本的には銀行の融資の保証を行うため、大幅な利益が望むことが出来ません。

間接的な契約と直接的な契約では、収益が大きく異なり、契約者へ直接融資する方が遥かに利益を得ることが出来る事業内容となります。場合に因っては、融資額の15~18%になるか、数%になるかということに繋がります。

現在の日本経済において、銀行に預金をすることや国債を購入して利益を利益を得ることは、ローリスク・ローリターンです。一方で、融資をするのはミドルリスク・ハイリターンと言える時代であり、積極的に融資する方が利益を得ることに繋がります。

貸さない会社があるのであれば、貸すことの方がビジネスチャンスを得ることとなります。

返済が遅れてしまうと遅延損害金がかかる

銀行や消費者金融からの借り入れにおいて、返済遅延が発生してしまった場合、遅延損害金が発生してしまいます。例として、消費者金融の遅延損害金を挙げるとすると、金利18%で借り入れしていたものが、遅延により20%となってしまいます。

遅延損害金は、基本的にペナルティと考えるものの、借入額が少額かつ返済金額も低額であれば、消費者金融が銀行口座引落を利用している場合は、手数料と考えていいです。

しかし、融資金額が高額になれば、迷惑料として高額な遅延金が発生してしまい、融資金額が10万円と100万円では大きく異なります。可能な限り遅延損害金は発生させないように対応が必要であり、もし返済が遅れる場合は事前に連絡をすることが重要です。

優良契約者すなわち低金利で契約を行っている方には、大きなダメージとなるため、注意するポイントとなります。

プロミスの金利を考えるときに忘れてはいけないのが、プロミスでは初めて利用する方には無利息期間があること※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

プロミスのキャッシング契約は、他社よりも金利が若干低いといったメリットの他に、初めての利用であれば無利息期間があるということが重要です。

無利息期間は、30日間ではあるものの、まとまった現金が入る前にどうしても出費がかさんでしまう場合において、強い味方となります。例えば、10万円の借入であれば、年間利息は14,800円となり、1日あたり約40.6円が発生します。

30日間の無利息期間を考慮した場合、1,218円の利息が無料となるため、10万円を1年で返済するのであれば、利息が若干安くなります。しかし、翌月に一括返済してしまえば、利息は0円となるため、実質的には14,800円が浮くことになります。

1回のみではあるものの、ボーナス月にまとめて返済するといったことで、よりお得に利用することが可能になります。

はじめて利用の方は30日間無利息!※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

プロミス