消費者金融から融資を受けるのはそう難しくありません。では、返済する時には借りた分をどれくらいの分割で支払う事になるのでしょうか?今回は、プロミスの返済金額の目安についてお話しします。

借入金額に応じて月々の返済金額が変わります

消費者金融の場合、基本的には残高スライドリボルビング方式という方法で返済を行う事になります。では、いったいこの残高スライドリボルビング方式とはどういったものでしょうか?これは、元金と利息が借入残高によりスライドします。借入残高が多い時は返済金額が多くなり、少ない時は返済金額が少なくなる方式です。

この方式のメリットは、残額が少ない時は1回1回の返済金額が少額で、利便性の高いように思えます。毎月の返済における負担はそう感じないでしょう。ではデメリットは何でしょうか?

それは、なかなか元金が減っていかない事にあります。1回に返済する利息と元金の割合がある程度決まっているため、規定通りの金額で毎月返済していくと、返済する総額は借入時の1.5倍以上に膨れ上がってしまいます。それは利息が付く元金がなかなか減っていかない事によるものです。もし返済を少しでも軽くしようと思うのであれば、規定された返済額よりもより多くの返済を行い、元金そのものを極力減らす努力をしましょう。プロミスの場合、毎月の返済金額は以下の様な形になります。

  • 借入残高:10万円までは返済金額5,000円程度
  • 借入残高:10万円以上30万円程度までは、10,000~15,000円程度
  • 借入残高:30万円以上の場合は15,000~20,000円程度

毎月の返済金額はこの程度になります。ですが、もしその規定された金額で返済を行い続けると、完済するまでに2年~3年程度は必要となってくる訳です。確かに毎月の返済金額は負担の大きいものではありませんが、総額で考えると、実はかなり高額な返済という事になります。

返済を甘くみていると痛い目に遭う

消費者金融から融資を受けた場合、以上の事をしっかりと理解した上で借入をしないと、痛い目に遭う事になります。よく、借金で首が回らない、返済しても借金が無くならないという事象は、上記の通り残高スライドリボルビング方式で返済しているから、なかなか元金が減らないことが起因します。

借入金額が大きくなってくると、月々返済している金額のウェイトは、元金よりも利息に充当される分が多くなり、結果的に借金地獄に陥ってしまうのです。そうならないよう、返済金額の繰り上げが可能なら、少し無理をしてでも返済に回した方がよいでしょう。

はじめて利用の方は30日間無利息!※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

プロミス