プロミスと取引をしていたが、もう利用する事がなくなった。プロミスと解約したいがどのように行えばよいか?今回はこのプロミスの解約方法について、ご説明させて頂きます。

解約方法はプロミスコールかお客様サービスプラザ(店頭窓口)で行える

プロミスの解約方法については、プロミスホームページ内の「よくあるご質問」にカードを解約したい質問に回答が記載されています。そこには、プロミスコールかお客様サービスプラザ(店頭窓口)で受け付けるといった記載があります。

プロミスコールで解約したい旨を伝える

解約するには、このプロミスコールに電話し、解約をしたい事を伝えるのが一番早い方法です。プロミスコールに電話をし、担当者に解約をしたいという事を明確に伝えます。解約にはカードの契約者氏名、生年月日、カード番号を伝えます。プロミスの担当者によっては、今は使用しなくても、もしもの時の備えとして継続して持っておく事を進めてくる人もいます。しかし、解約を希望するのであれば、誠意を持ってお断りしましょう。また、解約理由を聞く担当者もいます。解約理由も、込み言った理由を話す必要はありません。もう使用する事が無くなったのでと伝えれば十分です。

これまで取り交わした書類等はどうなる?

解約に伴い、プロミスとあなたで取り交わした契約書をどうするかという話しがでます。個人情報保護に関する事由で、プロミスとしては契約時の書類を処分する必要があります。書類は返却、もしくは責任を持ってプロミス側で破棄するかのどちらかを選ぶ事ができます。心配な人は郵送で書類を返却してもらいましょう。そこまでの必要がない人は、プロミス側で破棄してもらうようにしましょう。

カードの処分方法について

今まで使用していたカードは、プロミスへ返却する必要はありません。解約と同時に、そのカードはただのプラスティックの板になります。解約完了後は自分で処理する事になります。カードにハサミを入れて、燃えるゴミに捨てる事で問題ありません。

解約手続きは電話やサービス窓口で直接行う事が可能です。消費者金融のカードは借入がない状態でも、所持しているだけで問題が出る可能性があります。それは他ローン等を組む時です。他ローンを組む時に消費者金融と契約をしていると、その借入限度額を借入していると見なされる場合があるため、もし不要なカードとなっている場合は、解約をして処分しておく事をお勧めします。

はじめて利用の方は30日間無利息!※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

プロミス