よく消費者金融において、利息は○○%~○○%という表現をしている広告を出しています。では、自分がもし申し込んだ場合、この○○%~○○%のうちどのくらいの金利が適用されるのでしょうか?今回はプロミスにおける、金利についてお話しします。

多くの人が実質金利は最大金利

プロミスがH.P.等で記載している実質年率は4.5%~17.8%です。では実際、4.5%~17.8%の範囲のどの金利で契約を結ぶ事になるのでしょうか?実は大多数の人の実質金利は17.8%(最大金利)となると言えます。基本的には貸付業法の最大金利で契約を結ぶ人が大半です。

17.8%より低い金利に設定される人は、金融取引において、信用のある人(借入・返済の実績が多い人か、あるいは相当な収入を得ている人)となります。その様な人ではないと、この実質金利は下がりません。初めて契約をする人、他社から複数の借入がある人は、信用面で薄く、どうしても金利は最大金利の設定になってしまいます。

貸付業法における金利の設定

プロミスが融資を行うにあたり、貸付業法に準拠した貸付を行っております。その貸付業法では、借入上限金によって、最大金利の上限が定められています。それが以下の通りです。

  • 10万円未満の融資に対しては金利20%まで
  • 10万円以上100万円未満の融資に対しては金利18%まで
  • 100万円以上の融資に対しては金利15%まで

借入限度額が上がれば上がるほど、金利は低くなります。ある意味当然と言えば当然です。借入金額が大きくなり、金利が変わらないとすると、返済金額は膨大となり返済する事が出来なくなってしまいます。

消費者金融はほぼMAXの金利で契約している

プロミスでは最大金利を17.8%としています。これは、10万円以上100万円未満の契約者が非常に多いからと言えるでしょう。逆に100万円以上の融資が可能となった契約者でも、15%の金利で契約する事になると思います。では、プロミス以外の消費者金融ではどうでしょうか?

アコムやレイクなど、大手消費者金融では貸付業法の最大金利である18%を設定しています。これに対して、プロミスでは最大17.8%としています。つまり、他の消費者金融よりも若干金利が低いと言えます。

契約を結ぶに当たり、もしかしたら低い金利で借りれるだろうといった甘い考えは捨て、最大設定の金利で契約になるつもりで申請を行う方が無難でしょう。

はじめて利用の方は30日間無利息!※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

プロミス