プロミスの利用手数料って一体どれくらいかかるの?消費者金融を利用する人にとって、この取引手数料がどれくらいかかるのか?そもそも手数料ってかかるの?と疑問に思う人がいると思います。今回はプロミスの取引手数料についてお話しします。

プロミスの取引に関する手数料について

プロミスでは入金、出金とも手数料が発生します。では一体いくら程度手数料を取られるのか?プロミスの公式ホームページでは次の通り規定しています。

提携先CD/ATM利用手数料

■借入・返済が可能な提携先

三井住友銀行、セブン銀行、東京スター銀行、福岡銀行、三菱東京UFJ銀行、イオン銀行、第三銀行、熊本銀行、西日本シティ銀行、横浜銀行、クレディセゾン

上記のATMでは借入・返済とも可能となっています。手数料は、取引額が1万円未満の場合は、一律108円、取引が1万円を超える場合は、216円の手数料がそれぞれかかりとなります。但し、三井住友銀行で借入・返済を行った場合はいつでも手数料が無料です。

■借入のみが可能な提携先

親和銀行、広島銀行、八十二銀行

上記のATMでは、出金のみが可能です。また、手数料は上記と同様、取引額が1万円未満の場合は、一律108円、取引が1万円を超える場合は、216円の手数料がそれぞれかかりとなります。

■返済のみが可能な提携先

ファミリーマート(famiポート)、ローソン(LOPPI)

上記のATMでは、返済のみが可能です。また、手数料は上記と同様、取引が1万円未満の場合は、一律108円、取引が1万円を超える場合は、216円の手数料がそれぞれ必要となります。

プロミスのATMでは手数料はかからない

プロミスの店舗ATMを利用すると、取引に手数料は発生しません。

他社消費者金融の手数料

この手数料制は、多くの消費者金融で導入されています。手数料制は、2014年頃から導入されました。それまでは提携先CD/ATMの手数料を取らなかったのですが、近年では手数料が発生する事が常識となりました。手数料をとらない銀行は、オリックス銀行などといった銀行系です。その他の業者は、取引のある毎に最低でも108円の手数料を徴収する制度となっています。

無駄なく利用するためには、出来るだけプロミスの店舗ATMを利用し、賢く運用したいものです。利便性は高まっていますが、その分、プロミス側としてもその運営費にかかる費用が膨らんでいると考えられます。借入・返済を常に提携先のATMを利用した場合、手数料で年間の費用がかなりの額になってしまします。取引年数が多くなればなるほど、取引にかかる費用は測り知れません。ちりも積もれば山となるとはこの様な事だと言えます。賢く運用するためには、プロミスの店舗ATMを探し、出来るだけそこで取引をする事を心がけましょう。

はじめて利用の方は30日間無利息!※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

プロミス