返済が滞っている場合、利用停止になる場合もある

プロミスのキャッシングを利用中、返済を滞らせてしまった場合は利用停止または解約といった危険性があります。返済を滞らせるという行為については、限度があり1回や2回程度では利用停止になることはありません。

ただし、返済遅延を何度も繰り返すこと、返済を長期間滞納させるといった場合は信用状況が悪化していると判断され、利用が出来なくなります。この点については、『プロミスカード会員規約』にも記載があり、節度をもった対応が必要です。

また、プロミス以外にも借り入れがある方は、返済遅延や滞納ということは必ず避ける必要があります。そもそも、個人信用情報機関に金融取引情報が登録されてしまうため、契約更新時に情報照会を行った際、信用度が大幅に下がっていると判断されます。

他社での借入が増えたり、信用情報のスコアが悪くなった場合に利用停止もあり得る

プロミスのキャッシングを利用する際は、他社借り入れ金額にも注意することが必要です。これは、取引契約事項にプロミスが融資限度額や利用停止を決定することが出来ることを明記しており、信用状況が悪いと判断された場合に実行することが出来ます。

つまり、他社借り入れ金額が増加して、信用度も低下している状態となった場合、プロミスは自己防衛を行うということです。ただし、プロミス側が信用度を調査するにあたり利用するのが個人信用情報となるものの、契約者の同意なく情報を開示することが出来ません。

そのため、5年間の契約期間中においては勝手に審査を行うことが出来なくなっていいます。しかしながら、増額審査を受けたり、契約更新を行ったりすると個人信用情報を再度照会するため、借り入れの返済管理は非常に重要となります。

借入限度額の上限まで借りるとそれ以上は利用できない

プロミスのキャッシングは、利用限度額の範囲内であれば、繰返し借り入れが出来るものとなっており、限度を超えた場合は返済を行わない限り追加での借り入れは出来ません。これは、カード自体の利用停止ではなく、借り入れが出来なくなるということです。

あくまで、利用限度額は信用度および収入に応じて決定されているため、利用限度範囲内まで返済を行う必要があります。ただし、増額申請を行って増額が認められた際は、追加での借り入れが可能になります。

基本的には、契約以上の借り入れが出来ないため、実質的には利用が中断されてしまいます。

収入証明書の提出を求められてそれに応じなかった場合、利用停止になる恐れがある

プロミスのキャッシングを利用する際、収入証明書の提出を求めらるケースは新規契約時、増額審査時、そして契約更新時となります。基本的に収入証明書を提出しなければ、50万円を超える融資は受けられず、契約自体を締結および更新できません。

つまり、契約内容の変更や更新時に収入証明書を提出しなければ、以後の契約が締結出来ないため、利用が停止してしまいます。ただし、必要なのは契約の締結時においてであり、突然書類を提出させるということは余程信用状況が悪い場合という稀なケースです。

あくまで、キャッシングの利用停止ではなく、契約が更新されず、契約の満了ということになります。

申し込み時に虚偽の申告をしていたのがバレた場合に利用停止になる恐れがある

プロミスのキャッシング契約において、虚偽申請が発覚した際はカードの利用停止や強制解約といったにも発展しかねません。また、利用停止や強制解約の情報は、個人信用情報として登録されてしまい、他の金融サービスにも影響が出ます。

そもそも、あくまで取引基本契約を締結して融資が行われるため、虚偽申請による借り入れは詐欺罪になってしまいます。さらに、契約自体も無効となるため、利用停止や強制解約という重い処分を受けることになります。

他社借り入れ金額や件数については、多少の間違いがあっても個人信用情報を照会することで契約前に分かります。ただし、住所や連絡先、勤務先を虚偽申請しても必ずバレてしまうため、絶対に行ってはいけません。

他社での借金の信用事故で利用停止になることもある

プロミスのキャッシングを利用中、他社借り入れにおいて信用事故を起こした場合は利用停止または解約といったことになり得ます。プロミスのキャッシング契約において、信用状況を審査し利用限度額の増減および利用停止が出来ることに契約者は同意しています。

つまり、他社借り入れで返済遅延や滞納、代位弁済そして債務整理といった信用事故が確認された場合は、利用を停止出来るということです。

基本的には、個人信用情報を開示しない限り、事故履歴を把握することが出来ないため、契約から5年間は問題が発覚するリスクは低くなっています。

しかし、増額審査や契約更新時には信用情報を確認した上で審査が行われるため、信用事故は可能な限り回避することが重要です。

クレジットカード代金や携帯料金を延滞してしまわないように注意が必要

プロミスのキャッシングを利用する際、クレジットカードや携帯料金の支払いを延滞や滞納させた場合、契約更新時にカードの利用停止または解約に発展する可能性があります。

クレジットカードや携帯料金の支払いを延滞や滞納した場合、その情報が個人信用情報の事故履歴になってしまいます。また、プロミスの取引契約においては、利用限度額をプロミス側で決定出来るため、信用度が下がると契約を停止することが出来ます。

これは、取引契約の『第3条(極度額および利用限度額)』に記載されており、信用状況に関する審査を行うことで利用を停止出来るものです。プロミスからの借り入れだけの問題ではなく、常日頃からの支出管理を行うことが利用停止を避けるポイントになります。

契約事項については、しっかりと確認し、どんな行為や状態がNGなのか認識するのがおすすめです。

はじめて利用の方は30日間無利息!※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

プロミス