長距離トラック運転手は審査に通りづらい?その理由は?

長距離トラック運転手の場合、連絡が取り難かったり、収入が不安定だったり、個人経営であったりとカードローンの審査において不利になってしまいます。

また、長距離かつ長時間の拘束時間が発生してしまい、交通事故などのリスクも伴い、融資した金額を回収できなくなる可能性もあります。

最近では、長距離トラックに対する規制も厳しくなり、定期的に会社に連絡を入れること、休憩時間は必ず取るなど業務効率も低下し、収入も減少傾向にあります。

ただし、安定した収入があれば長距離トラック運転手でも契約は可能なものの、殆ど自宅に帰る機会が無い、会社内での業務が殆ど無いなど、契約者が事実上、所在不明となってしまいます。

そのため、カードローンの審査を通過するためには、必ず在籍確認を行い、確実に連絡が取れる手段を確保する必要があります。

パチンコ店の従業員は審査に通りづらい?その理由は?

パチンコ業界に努める方は、安定した収入があるものの、審査が通り難いという問題があります。これはスコアリング審査段階において、職業の属性ポイントが低く、継続的な収入に不安があると言われています。

パチンコ店の従業員は、離職率が高く、正規社員で無い限り、長期間勤務することが少なく、残業や業務内容の厳しさから退職するケースが多くあります。

その他にも、関係者が反社会的勢力との関係が疑われる場合や違法行為により会社自体に公安委員会が介入するなど経営的な問題もあります。その結果、信用度により審査を行う銀行や保証会社、そして消費者金融はリスクを回避するため、審査を厳しく行うこととなります。

契約が出来ないという訳ではなく、融資額が低くなりため、少額の融資であれば審査通過の可能性はあります。

タクシー運転手は審査に通りづらい?その理由は?

タクシー運転手の勤務先はは「個人タクシー」と「タクシー会社」に分けられます。

両方ともちゃんと仕事しているからカードローン契約に問題はないだろうと思われるかもしれませんが、確かにタクシー会社に所属している運転手には毎月安定した収入がありますが、個人タクシーとなると収入が月によって大きく差が出てしまう可能性がありますし場合によっては月収0円という可能性のゼロではありません。

これだと「安定した収入」というカードローン契約の条件をクリア出来ないと判断されてしまう可能性もあります。ここは審査次第でどう転ぶかわかりません。

自由業でもプロミスの審査に通る?

自由業の場合、プロミスのキャッシング契約は審査が難しくなります。自由業は、基本的に自分の身一つ、そして専門性を生かしたことで、企業に属さない上、時間に左右されない職業です。

プロミスのキャッシング契約の場合、自営者カードローンが適切になりますが身分証明書類の提出、所得証明書類として確定申告書が必要であること、そして事業実態を疎明する書類が必要です。

しかし、自由業の場合、営業許可証がないため、業務請負先に対する請求書や納品書、報酬明細などが必要になり、大口顧客との契約が重要です。

そのため、自由業に該当する投資家や、芸術家、芸能人、医師、弁護士、会計士、文筆業など依頼案件により、収入が変動するため、審査が厳しくなってしまいます。

結果、プロミスよりも銀行カードローンを契約し、あくまで収入および信用度に応じた審査が行われる商材の方がおすすめです。

フリーランスはプロミスの審査で不利になる?

フリーランスの方は、個人の専門性および才覚があり、企業に属さず、個人事業または法人として経営を行っている人であり、プロミスの場合は自営者カードローンを契約することとなります。

あくまで、企業から業務委託を受けて安定した収入があれば、プロミスの審査において不利になるといった問題はありません。

また、会社として経営を行っていれば、営業許可および大口顧客との取引を証明する書類を提出することで、キャッシング契約を締結出来る可能性があります。

自由業に似ているようですが異なる部分があり、プロミスの審査においては自由業よりもフリーランスの方が業務契約者が多い程、審査には有利になります。

プロミスでキャッシングできない職業はあるの?

お金を貸す側は当然ながら、相手がきちんと返済してくれそうかどうかを考えて審査しますので、職業によってはどうしても審査で不利になりがちな面があります。

例えば、フリーランスや短期間で職を転々としている人は収入が不安定と思われがちですし、スタントマンや格闘を生業にしている人は「怪我をして収入が途絶えるかも」という不安要素があるでしょう。

ただし「この仕事だから一律にダメ」というものではなく、あくまでも審査は申請した本人に対して行われるものです。安定した収入や資産があることを証明できれば、どのような職業であっても審査に通る可能性は十分にあると言えるでしょう。

プロミスでは職業も見るが、一番重要視するのは安定性

カードローン契約で一番重要となる審査の要素は「安定した収入があるかどうか」です。安定した収入がないと返済できるが分からないというリスクが発生をするからです。カードローン会社側からしたら一番困るのは返済が滞ってしまうという事になります。

返済が滞ってしまうという事は審査に間違いがあったという事になってしまうのは避けたい事態です。

勿論どのような職業かも審査の要素とはなりますが、どんな仕事をしていても返済してもらえない事態は避けたいので何より大事な要素はきちんと返済が出来るという安定性が保証される事です。

はじめて利用の方は30日間無利息!※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

プロミス