プロミスのカードローンは、基本的に安定した収入があれば契約することが可能であり、主婦であってもパートやアルバイトといった就業をしていれば申し込みが可能です。ただし、専業主婦については安定した収入が個人にあるということにはならないため、契約が出来ません。

そのため、学生でもアルバイトによる収入があれば、少額ながら借り入れが可能ということになります。主婦の場合、どうしても急な出費が増えてしまい、短期間の借り入れを検討することがあります。

プロミスの場合、無人契約機やインターネットからの契約が可能なことから比較的に利用し易いといったメリットがあります。
もし、年末年始の急な出費に対応したいといった場合については、強い味方になります。

プロミスのキャッシングの審査通過率は40%前後

プロミスのキャッシングの審査通過率は40%前後と言われており、大手消費者金融の中でも審査が厳しいとも口コミがあります。しかし、プロミスの場合、他の消費者金融よりも金利が低いといったこと、無利息サービスを考えるとある程度妥当性があると言えます。

では、審査通過率が40%前後という点はどうかというと、ローン商材ということを考えれば当たり前のことであり、預金や収入に余裕があれば敢えて利用する必要性がないものとなります。

利用するケースの多くとしては、収入はあるものの手持ちが不足しているため、ボーナス時期にまとめて返済するといったことがあります。

この場合、他社借り入れ件数が少ないまたはゼロとなるため、審査通過率も高くなるものの、問題は他社借り入れがある状態での契約申込であり、このような場合は審査NGとなります。

消費者金融の多くは、審査時に他社借り入れ以外にもクレジットカードの利用状況まで把握することが出来るため、審査が厳しくなります。大手消費者金融である『アイフル』、『アコム』もプロミス同様に40%台であるため、厳しいといった数値ではありません。

プロミスの審査に落ちてしまう理由は?

プロミスのカードローンで契約審査を行った際、落ちてしまう方はその理由が気になる筈です。

消費者金融の契約審査は、銀行の審査同様にスコアリングといった方法が採用されているため、収入や年齢、雇用形態、家族構成、そして他社借り入れ状況といった情報から判定がされています。

実は、他社借り入れについては非常に注意が必要であり、他の消費者金融からの借り入れ以外にも割賦販売やクレジットカードの利用状況も審査に影響してしまいます。

特に近年は、高額なスマートフォンを分割購入するケースが多く、携帯の使用料金を延滞することでプロミスの契約にまで影響が生じます。

また、クレジットカードの返済状況についても、審査時の個人信用情報の開示により把握されてしまうため、プロミスの審査で落ちる方は過去5~6年以内に金融事故を発生させていることとなります。

この場合、プロミスの審査だけでなく、他の消費者金融の審査も通過しない可能性が高いため、審査落ちした方は一度個人信用情報の開示を行うことがおすすめです。

はじめて利用の方は30日間無利息!※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

プロミス